2019年3月9日(土)、情報工学科 太田 義勝 教授に最終講義「コンピュータとネットワーク、そしてセンターとの40年」をご講演いただきました。

太田先生最終講義.jpg

太田先生は、昭和53 年4月に三重大学電子工学科に助手として着任され、その後、名古屋大学で情報処理教育センター、大型計算機センター助手を経て、平成元年に新設された三重大学情報工学科に平成2年に助教授として着任、平成16 年に教授に昇任され、教育、研究、大学運営に携わってこられました。この間、ソフトウェア基礎、ネットワークなど情報工学の根幹をなす重要な講義を担当され、卒業研究、修士・博士論文指導を通じて、多数の学生の育成にご尽力されました。

講義後は太田先生を囲んで、研究室OB・OGとの懇親会がありました。思い出話や近況報告などで、たいへん盛り上がっていました。