こんな企業に就職します

情報工学科の卒業生の就職状況は例年非常に好調です。過去5年の就職状況を紹介します。

学部卒業生の進路

学部卒業生の進路(過去5年)クリックで拡大 学部卒業後、約45%は大学院進学です。 就職先で多いのは、製造業と情報通信業です。 製造業種では、電気機械・電子部品関連、輸送用機械関連、生産・業務用機械関連への就職が多いです。

就職先一例

NTTデータ東海、アイシンエィダブリュ、アイティフォー、アンデン、システムリサーチ、ジェイテクト、デンソーテン、デンソートリム、トヨタシステムズ、ニッセイコム、バッファロー、フリーダム、荏原製作所、住友電装、日本工営、百五コンピュータソフト、三重電子計算センター、公務員

大学院修了生の進路

大学院修了後の進路,クリックで拡大製造業の内訳

大学院修了生の就職先は主に2業種、製造業と情報通信業への就職が多くなります。これは、これらの業種が高い専門性を持った人材を求めるため、必然的に大学院生の求人が多くなることが主な理由です。製造業種の内訳(右図)では、電気機械・電子部品関連(家電メーカー含む)、輸送用機械関連(自動車メーカー,自動車部品メーカー)、生産・業務用機械関連(産業機械メーカー)への就職が9割以上を占めます。一部の企業には毎年、大学院修了生が就職しています。その企業に就職した先輩が活躍しており,情報工学専攻の修了生が期待されている証拠です。

就職先一例

CKD、アイシン精機、アイホン、オークマ、キヤノン、シャープ、シンフォニアテクノロジー、セイコーエプソン、デンソー、トヨタ自動車、パナソニック、ファナック、ブラザー工業、マキタ、ヤフー、ヤマザキマザック、リンナイ、小島プレス工業、中部テレコミュニケーション、東海理化、日本ガイシ、日立製作所、富士通、三菱自動車工業、三菱電機メカトロニクスソフトウェア